メイン水槽の水換え

今日は珍しく観賞魚ネタです(笑)
午前中の撮影を早く切り上げて、メインの120cm水槽の水を替えました。今回は全体の2/3に当たる約65リットルを交換しました。底にたまった糞などのごみを吸い出してしまえば水自体はそんなに汚れていなないのですぐにすきとおりました。
画像

水替えが終わったメインの120cm水槽。今回は入れているマツモが大繁殖していたのでトリミングしました。新芽部分の残して、あとは水槽から出しました。15cmくらいのを2本入れたのが始まりですが、今では全部を直線に延ばせば10mは越すと思います。環境が合っていれば成長自体は早いようです。
トリミングしたいらない切れっぱし。たぶん明るい所に置いておけばまた新芽をたくさん出すと思います。もしほしいって人がいたらあげますよ~。コメント欄に記入してください!まあいないだろうなあ・・・。
画像

それでは入っている魚の一部をご紹介します~♪今は川魚が100匹ちょっと収容しています。サイズが大きくなってきたのでそろそろ限界かな?
まずはニゴイです。鼻が長いことからキツネゴイとも呼ばれています。
画像

一番数が多いのはタモロコです。金色のラインが側面に入ります。
画像

続いてカネヒラです。2pr収容しています。まだ7cmほどですが、成長すると15cmほどになりタナゴの仲間では最大の大きさになります。
画像

こちらはアブラボテ。まだ3cmほどですがすでに産卵管が出ています。一つの水槽に複数種のタナゴを入れるとかタナゴマニアが見たら激怒するんだろうな(汗)
いい感じに黒くなってきました。
画像

そして今回は機器の更新です。今までは底面ろ過2台をニッソーのイノベータ2台でまわしていましたが、今日からアデックス202 1台で賄うことになりました。
さすがはアデックス!エア流量は多いし、何といっても静か!!!!動いてるんだかわからないくらいです。
今までは底面のみで平気だったのですが、サイズも大きくなってきて数もいるのでそろそろ限界かも・・・。来月くらいにはエーハイム500を1台取り付けたいところです。生物ろ過は底面で十分なのでエーハイムは物理ろ過中心で稼働してもらおっかな~と考え中・・・。
画像

こちらは生物科某助手さん向け餌フナのストック水槽。はやく引き取ってってよ~

今日は工作はお休みします。ごめんなさい。。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック